サッカー上達法 明確な原因


あなたがこのようなことで悩んでいるのなら、それには明確な原因があります。

その原因は決してあなたにサッカーの才能が無いからではありません。
練習量が足りないというわけでもありません。

その原因とは、ただ単に、あなたが間違ったトレーニング方法をしているからなのです。

そこで私が、プロとして12年間、日本代表、Jリーグ、スペインリーグと様々な舞台で活躍し続けた、実は誰でも実践可能なストライカー上達の秘密をお教えします。

もちろん、基本的なことからゴールを決めるまでに必要なこと、プロの企業秘密をさらけ出し、そんなあなたの悩みを解決したいと思います。

私は、先ほど年間5000人以上の少年サッカーの指導をしていると言いました。

数多くの現場で感じることは、リフティングひとつにしても意味を理解せず、ただ回数をこなすだけといった場面が多く見受けられます。

止めたり、廻したり、サッカーに実際には使えないことを一生懸命、練習しています。

つまり、多くの子供たちは、実際の試合には何の役にも立たない、ただボールタッチを覚えるだけのリフティングをしているということです。

リフティングのやり方をひとつ直すだけで、どれだけ上達が早くなると思いますか?

私は、リフティングしている子供たちに、ある条件を出しました。

すると、さっきまで器用に100回続けてリフティングしていた子が、ある条件が加わっただけでまったく出来なくなってしまったのです。

これは、今までのリフティングが試合には全く使えないことを意味しています。

ある条件の加わったリフティングが、自在に出来れば、それは即ち、試合の中で実際に使えるテクニックとなるのです。

詳しくはこちらをクリック!!

サッカー上達法 絶好の機会


もし、あなたが下記のいずれかに該当するのなら、サッカー上達の絶好の機会を逃さないでください。

おもいっきり蹴っても、シュートの威力がない。
狙ったところにボールが行ってくれない。
キーパーにシュートコースを読まれてしまう。
パスをうまく受けられない。
足下のボールがおぼつかない。
ディフェンスの選手にインターセプトされてしまう。
味方のパスを、相手ディフェンダーに先に追いつかれてしまう。
クロスボールをゴールの枠に決められない。
1対1でボールを奪われてしまう。
ディフェンダーのマークを振り切ることができない。
パスを受けても、うまくコントロールできない。
ボレーシュートが全然、決まらない。
どうやって早いシュートを打つのか解らない。
ワンタッチで抜け出す方法が解らない。

詳しくはこちらをクリック!!

サッカー上達法 プロの企業秘密その5


私は足が速いほうではありませんでした。

足が速くないのはフォワードには致命的と思われますが、私は独自に頭を使い、考え、かけひきを覚え、実践する事により日本代表にまでなりました。

頭を使うことで、相手ディフェンダーを出し抜く技術を手に入れたのです。


この秘密はほんの一部です。本編中の言葉を聞き逃さないでください!!

詳しくはこちらをクリック!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。